メタボリックシンドロームに関して

0 Comments

ポラッシュは効果なしメタボリックシンドロームという言葉は、誰も聞いたことがないほどみんなの唇にありますが、正確にはどういう意味ですか?これは当初、太りすぎの人では内臓肥満(内臓肥満/腹部肥満)と呼ばれています。そして、高血糖、高血圧、高脂血症の2つ以上が組み合わさった状態です。これまで、日本のメタボリックシンドロームの診断と対策は、海外で確立されたメタボリックシンドロームの診断基準に基づいていました。 2005年4月の日本内科学会総会では、待望の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が発表されました。これは日本独自のものです。日本では診断基準となっており、対策が考えられます。具体的な診断方法は、まず腰の直径に基づいて内臓脂肪の蓄積を測定することです。デフォルト値は男性85cm以上、女性90cm以上です。この内臓脂肪が腹部CT画像で正確に測定されていると仮定しましょう。この場合、このウエストの直径の数値は、100平方センチメートルの断面積に対応します。その結果、タボリック症候群と判断され、対策が必要です。このように、世界中で注目され問題視されているメタボリックシンドロームをさまざまな対策として研究しています。

error: Content is protected !!