破産による制限

0 Comments

自己破産は完全復帰に戻って非難されていない場合、それは日常生活への影響の多様になります。個人が破産宣告された場合は、第一法則に関連する資格の様々な制限を受けます。弁護士は、公認会計士は、ないなエグゼキュータに、あなたは、ボードとボード上で、コーポレート・監督の位置を取得することはできません。また、破産を宣言した人々は、それがだった記述へのコミットメントが必要であると考えられることを保証します。また、それはあなたが住んでいる場所裁判所の許可がない限り、変更することはできません、居住地に制限されとります。でも、電子メール、郵便または電報に制限されますが、破産管財人は、最初に受け取る対処しました。電子メールの内容がキュレーターで確認することもあります。クレジット会社が破産宣告された情報を書き込まれます。金融消費者でローンを評価する必要があるが、信用情報会社に情報が登録されている間、ない試験。法的制約に加えて、また、破産によって制限され、社会的な原因があります。それが失われた経済的信用を意味するので、それは破産宣言されました。社会的に望ましくない部分は、さらにいくつかの取引活動や日々の生活の中で発生する不便さのようなものになります。そして、断片的な制限と発生しますが、より多くのそれは避けられない破産宣言されるよりも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!