化粧水の種類

0 Comments

ローションには4種類あります。 「一般トナー」、「コンバージェントトナー」、「ワイプトナー」、「ソフトトナー」。詳しく説明すると、「コンバージェントローション」には、皮脂を抑えて毛穴を引き締める効果のあるアルコールが含まれていることがよくあります。塗るとさわやかな感触で、肌に塗るとなめらかです。二つ目は、後で使用する化粧品の浸透性を高め、保湿効果があり、肌に潤いを与えることです。これが「ソフトローション」です。 「コンバージェントトナー」と「ソフニングトナー」はPH5.5〜6.5に調整されており、コンバージェントトナーは数字で示されています。 「ワイプオフローション」は「ワイプオフローション」と表示されています。肌に塗ってふき取るローションです。ただし、成分にAHAが含まれている場合や、拭き取りローションとして「コンバージェントローション」や「ジェネラルローション」が使用されている場合が多くあります。そして、あなたが通常得るものは「一般的なスキンローション」です。保湿効果と柔らかさ効果のバランスが取れており、特に気になることはありません。さわやかな感触としっとり感のあるものがあります。あなたが感じる使用感は、直接化粧品のタイプにはなりません。肌のタイプや好みがわかれば、人気のローションを試してみてはいかがでしょうか。時間帯によっては、夜はしっとり、日中はさわやかなものを使うのがいいでしょう。フワリーモの効果

error: Content is protected !!