ホクロのレーザー治療とは

0 Comments

レーザー治療でほくろを取るのはよくある話です。レーザー治療は、人工的に作成された強い光をほくろに当てます。これはほくろを取り除きます。原理は、セル内の水に反応して蒸発するメカニズムです。 「カーボンガスレーザー」は、この水分に反応するレーザーであり、これに加えて、黒色顔料のみに反応してほくろを除去するレーザーと組み合わされています。よく使われるもう一つのことは「高周波発生器」です。電動ナイフで電流が発生する熱でほくろが蒸発し、出血がなく傷が早く治るのが良いです。痛みを伴う治療法はありません。それはあなたに局所麻酔を与えるからです。顔の小さなほくろをたくさん取り除くのに時間がかかるので、レーザー治療が適しています。また、直径5mm以下の平らなほくろに最も効果的であると言われています。ほくろをレーザーで処理した場合の仕上がりですが、直径約3mmまできれいに撮ることができます。また、5〜6mm程度でも1回の治療で半年でほとんど目立たなくなると言われています。治療後はどうなりますか?まず、かさぶたは約1週間で剥がれます。約3ヶ月で腫れ赤みを帯び、約1年で近距離からは見えないほど美しくなります。ほくろが深い場合は数回の治療を繰り返す必要がありますが、ほくろが約5mmまでの場合は1回のレーザー治療で完全に除去され、治療後も目立たなくなります。レーザー治療の長所と短所を理解してから、自分に合った病院と治療方法を選択することをお勧めします。スラボディ

error: Content is protected !!