フォトフェイシャル治療とレーザー治療

0 Comments

光は一種の光のそれについては何か治療フォトフェイシャルで皮膚に適用されます。治療の排除の問題は、皮膚に光当てる時にはレーザー治療が知られている方に、それはすることができます。フォトフェイシャル治療に使用される光は、IPLは、レーザーとは異なるものであると仮定する。これは稲妻のように、痛みの治療フォトフェイシャルがほとんど原因で、細かい光です。赤色染料の応答は、メラニン黒と赤キャピラリーに影響を与えることレーザに対して、ブラック染料に対して敏感であるレーザビーム。 IPLは、一つでコンバインの作業を備えています。言われているものに関しては、レーザー治療や治療フォトフェイシャルを区別することができるものとなります。このようなメラニンや血管などの対象をピンポイントで照射することができる場所に位置している皮膚に、原因となっている目標です。レーザー治療の場合、レーザは、すべての肌に適しています悪い皮膚の危険性がある、ないです。でも、皮膚全体に光当てる、それだけでシミやそばかす動作が存在する場合に光フォトフェイシャルということも興味深いものです。副作用の危険性が非常に低いので、それはまた光フォトフェイシャル顔全体を照射し治療するために使用することができます。フォトフェイシャル治療は、レーザー治療が左右されるような医師のスキルにはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!